プライバシーポリシー

(株)サンフーズ(以下「運営会社」と称する)は、自社「情報管理規程」に基づき、個人情報・機密情報他各種情報の利用・管理に際し、以下のとおり対応することをお約束いたします。

  1. 運営会社は、個人情報保護法その他の関連法令を遵守し、保有する個人情報・機密情報の安全管理のため必要かつ適切な措置を講じます。当社では、その取扱う個人情報・機密情報の漏洩、滅失または毀損の防止その他の個人情報・機密情報の安全のため、組織的、人的、物理的及び技術的な安全管理措置を講じます。
  2. 運営会社は、個人情報・機密情報保護に関する社内規程を整備し、これを継続的に改善していきます。当社では、この情報セキュリティー及びプライバシーポリシー、情報管理規程その他の規程を整備し、運用改善に努めます。
  3. 運営会社は、偽りその他不正の手段により個人情報・機密情報を取得せず、また、取扱う個人情報・機密情報の利用目的の特定・明示に努めます。個人情報・機密情報を取得する場合、または利用目的を変更する場合は、その利用目的を公表することとし、本人から直接当該本人の個人情報・機密情報を書面で取得する場合は予め本人に対して、その利用目的を明示します。ただし、取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められるときか、正当な理由があると認められ得るときはこの限りではありません。
  4. 運営会社は、原則として、特定された利用目的の範囲内で個人情報・機密情報を取扱います。法令その他正当な理由がある場合で本人の同意を得ることが困難であるときを除き、予め本人の同意を得ないで、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報・機密情報を取扱いません。
  5. 運営会社は、個人データ・機密データを正確かつ最新の内容に保ち、必要がなくなれば正確に返還または廃棄するよう努めます。当社では、取得した個人データ・機密データのライフサイクルを設定し、取得から返還・廃棄まで明確なルールに従って処理するように努めます。
  6. 運営会社は、正当な理由がある場合を除き、本人の同意なく個人データ・機密データを第三者に提供しません。例外的に個人データ・機密データを提供するのは、法令に基づく場合、または、人の生命、身体または財産の保護、公衆衛生の向上もしくは児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合に限定されます。
  7. 運営会社は、全社員に対し個人情報・機密情報保護のために適切な監督・教育を行います。また、内部組織に関して定期的な監督、定期的な社内教育を行います。
  8. 運営会社は、本人からの「保有個人・機密データ」の開示、訂正、利用停止等の請求に対して適切に対処します。直接本人から取得した個人データ・機密データ、すなわち「保有個人・機密データ」に関して、本人から開示を求められたときは、当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合、その他不当な理由がある場合を除き、本人に対し、当該保有個人・機密データを開示します。その際の手続きに関しては別規程で設けるものとします。更に、本人からの請求により、利用目的の達成に必要な範囲内において、当該保有個人・機密データの内容の訂正、追加または削除を行います。また、業務委託先から委託を受けた個人・機密データに関しては、委託元より監督を受けるため「保有個人・機密データ」に該当しないとの見解から、業務委託先から受託した個人・機密データに関しては、本人からの開示、訂正、追加、削除の依頼に応える限を持ちえないものと致します。当社が直接本人から取得するケースとしては個人による当社へのお問合せ、お申し込みが考えられます。
  9. 運営会社は、万が一この情報セキュリティー及びプライバシーポリシー、情報管理規程その他の規程等に違反し、本人または顧客に対して損害あるいはご迷惑をおかけした場合には、違反した当人はもちろん、当社が誠意をもって適切に対処します。
  10. 運営会社は、情報管理に関する違反・損害に対しては厳格に対処し、場合によっての損害賠償や刑事告訴等の法的処分に関しても十分認識し、対応いたします。