乳酸菌で腸活sunfoods

新着情報

腸内環境を「栄養を吸収できる状態」に整えましょう。

2020.10.14

乾燥した気候は、腸に炎症を起こし栄養の吸収を妨げます。

腸内環境を改善して、心も体も元気になりましょう♪

 

便秘など普段からお腹の不調を感じていると、ストレスを感じやすくなり、防衛反応としてストレスホルモンが分泌されて、ミネラルが消耗します。

ミネラルは、腸内環境が悪いとさらに吸収が悪くなり、吸収できなかったミネラルが心や体にとって害になる場合もあります。

そこで、腸内環境を整えるために、大腸で重要な働きをする“短鎖脂肪酸”のもととなる「水溶性食物繊維(ワカメ、納豆、こんにゃく等)」を摂りながら、「ミネラル(牡蠣、牛肉、高野豆腐等)」を補給すると、効率良く栄養素を吸収する事ができます。

さらに乳酸菌で炎症を起こすリスクを減らし、不調知らずの毎日を過ごしましょう♪